**少女小説と私 その2**

                    ・・・ サニーブルック農場のレベッカ


アメリカの作家、ケート・ウィギンの「サニーブルック農場のレベッカ」は、
「少女レベッカ」というタイトルで抄訳されたものを、
私は小学生時代に伯父からもらい、愛読しました。訳者は城夏子さんです。
完訳のほうは、昭和46年、続編の「レベッカの青春」と共に、角川文庫から出版されました。
そちらは自分で購入して、愛読しました。訳者は大久保康雄さんです。

2015年初夏、JALカードのTVCMに、ケート・ウィギンの言葉が出てきました。
旅の名言、ヴァトナヨークトル篇。
〜〜遠くに行くことはある種の魔法で、戻ってきた時にはすべてが変わっている〜〜

「レベッカの青春」にこれとよく似た一文があります。
「遠くへ行ってすっかり変わって帰ってくることは、素晴らしいことだわ。」
これは、学びたかったのに、家庭の事情で学校に行けず、
治安判事の使用人をしていたアビジャー少年に、レベッカが言った言葉。
アビジャーは、その助言に勇気づけられ、大学に進み、立派な青年になって戻ってきます。
そして彼は初恋の女性である、レベッカの親友のエンマに、プロポーズするんですよ。(^^)

レベッカのお話に出て来る石鹸会社の名前は、エクセルショール。
そう、カフェ・チェーン店と同じ名です。
抄訳のほうは、訳さずにエクセルショール石鹸会社、となっていましたが、
完訳では訳されて、向上一途石鹸会社、となっていました。
だからもし、私が抄訳を読まず、完訳のほうだけを読んでいたなら、
カフェ・チェーンのエクセルショールが、レベッカのお話に出て来る石鹸会社の名と同じだとは、
まったく気づかずにいたと思います。
「だから何?」って言われそうだけど。
だって街で初めて、EXCELCIORという看板に出会って、発音してみて、
あ!レベッカの石鹸会社と同じ名前!って気づいた時、
私は嬉しくなって、ラブソングを一つ、作っちゃったんですよ。
EXCELSIOR=向上一途
を知っているのと、知らないのとでは、こんなに違うんですよ。


  


左、白いライラック。レベッカのお話には、ライラックが頻繁に出てきます。
右は、アイルランドのボグ・ヴィレッジ。
レベッカの故郷、サニーブルック農場は、こんなところだったのでしょうか。



少女小説と私 その1 ← ひとつ前のページに戻る


トップページ ← 戻る                     進む → 猫ちゃん写真館