**野の花への想い**
                〜2017/5/10 New〜


私は、花びらが図案の花そのままのような形の、四弁か五弁の小さい花、
そして色は白か、淡い青をした野の花が一番好きです。


ということで、私の好きな野の花ベスト3は、こちら。
左から、ノヂシャ(野萵苣)、ハナイバナ(葉内花)、ヨツバムグラ(四葉葎)。
光の加減で分かりづらいですが、ノヂシャは透明感のある白、ハナイバナは淡い青、
ヨツバムグラは乳白色です。



    


ノヂシャは歌も作ってます。よかったら聴いてみてね。  ⇒ 野ぢしゃの歌


   野の花の写真は、膨大に撮りためてあるのですが、その中から幾つか。


蝶々が舞っているようなツボスミレ。りぼん結びをしたようなツボスミレ。気品漂うツボスミレ。
赤毛のアンの友人プリシラは、アンのことを「あなたは芯に紫のスジが入った白いすみれよ。」と譬えます。
紫のスジは蜜標といって、名の通り、ミツバチに蜜のありかを教える道しるべなんだそうです。

    


ありふれた花も、アップで見るとこんなに綺麗。
左から、タネツケバナ(種つけ花)、ハコベ(正式名はハコベの前に何か付く^^;)
それから人がつけた名には頓着せず、凛と咲いているハキダメギク。

    


変な名前だけど、綺麗な花たち。
左から、コゴメイヌノフグリ、ヤブジラミ、ゲンノショウコ。
ゲンノショウコは、赤もありますが、私は透明感のあるこの白が好き。

    




     トップページ ← 戻る                    進む → 木の花、野の花写真館